家族葬で厳かに故人を見送りましょう~ポロポロ隠せない涙~

女性

思い出整理には良い業者を

ダンボール

近年では、少子高齢化が進み、親族が遺品整理を行うことが難しくなってきています。遺品整理を行う専門の業者も増えています。今後更に需要が高まるサービスです。遺品整理を行う際は、注意も必要です。無事に終えられるよう、良い業者を選ぶことも大事です。

詳しくはコチラ

家族だけで故人を送る

香典

必ずしも費用は安くない

近年では葬儀のパターンが多様化しており、堺市でも家族葬を希望する方が増えています。家族葬は原則として、狭い意味での家族だけで葬儀を済ませることを言います。別居している親類や、故人の親しい友人などには知らせません。そのため、後から苦情が出てトラブルになる可能性も考えておかなければなりません。家族だけで済ませるといっても、内容的には普通の葬式と変わりません。食事や会場の手配が必要ないので、費用は抑えられそうに見えますが、香典が入らないため必ずしも負担が軽いとは言えません。ですから金銭的な理由だけで家族葬を選ぶのは考え物です。また近所に知られたくないときは、会館などで葬式を行なう必要があります。堺市には家族葬専用の式場を備えた葬儀社もあります。

少子高齢化で需要が増加

日本では少子高齢化が進むとともに、昔のような広い親戚づきあい・近所づきあいが薄れてきているため、今後も家族葬に対する需要は増えていくと考えられます。堺市では大手の葬祭関連会社から、家族葬専門の小さな式場まで、さまざまな会社がサービスを提供しています。大手は全国一律の料金体系で安心ですが、地元に密着した中小の葬儀社も、格安料金や独自の設備で個性を出しています。形式的な昔ながらの葬儀に違和感を覚えるなら、家族だけで心を込めて故人を見送るプランも選択肢に入るでしょう。また希望する葬儀の形を、生前に言い残しておくという方法もあります。いくつかの堺市の葬儀場では、見学会や相談会を開催しており、具体的な葬儀の形を思い描くことができます。

葬祭扶助制度

数珠

横浜には、生活保護受給者向けの直葬プランだけを専門に取り扱っている葬儀業者がいます。生活保護を受給していた人が亡くなった場合、葬儀費用が全く残されていないケースが多いです。でも、生活保護の葬祭扶助制度が利用できるようになっています。

詳しくはコチラ

生きているうちの安心感

女性作業員

遺品整理は死後に自分ではできません。大阪でも遺品の整理を扱う業者がいます。遺品の整理を自分たちがするのか業者にやってもらうのかを選択するのは遺族の判断になります。安心感が得られるからと言って予約をしたときにお金を渡さないことが大切です。

詳しくはコチラ